塩レモンを作ってみました

最近話題の塩レモン。先月作り始めて、やっと完成しました。
私はNHKのあさいちで知ったのですが、雑誌などでも取り上げられていて塩麹に続くブーム到来となるか、注目の調味料です。

塩レモンとは、モロッコなど北アフリカで使われる調味料で、その名の通りレモンを塩で漬けたものです。
魚の臭みを消したり、お肉をまろやかにしたり、減塩にも効果があると聞いて興味津々。
早速作ってみました。

作り方は簡単で、切ったレモンと塩を瓶に交互に入れていき、蓋をして保管。
お塩の量はレモンの重さの10%くらいが良いとか。レモン汁が出てくるので、1日1回は瓶を振って混ぜます。
私が作り始めたのは夏だったので冷蔵庫で保管してましたが、通常は冷蔵庫に入れなくても大丈夫らしいです。
塩と酸で保存性がアップしてるんですね。

約1ヶ月、毎日お世話を続けて完成です。
とりあえず使ってみたくて、鶏の唐揚げに混ぜてみました。下味を付ける時に刻んだ塩レモンを入れておいたら、さっぱり爽やかな味になって夏にぴったりでした。
せっかく作った塩レモンなので、これからレシピを探して色々挑戦してみる予定です。