生理中の脱毛について把握しておこう

生理中の期間というのは、通常とは異なる現象が体内で起きています。また、脱毛の際には特殊な光や熱などを体に加えることになります。このことから、通常とは異なる体に対して、外部から特殊な力を加えることには様々なリスクがあり、実際に長岡で人気の脱毛サロンやクリニックなどでも生理中の施術を行っていないことがほとんどです。特に陰部周辺のVIOラインを中心に、全身の脱毛を行うことができないことがほとんどです。

なぜ施術を行うことができないかといえば、それは施術する側とされる側双方にとってメリットがないからです。仮に施術を実施するとなれば、いつもより慎重かつ刺激を弱くして行わなければならないし、またいつもより刺激が強い状態を我慢しなければなりません。

施術中だけでなく、施術後においてホルモンバランスが乱れたり、肌に何らかの異変が起きたりと、様々なトラブルが引き起こることも多いです。施術の効果も薄くなるばかりか、むしろ発毛の周期が変化したり、毛自体の性質が変わったりすることもあるため、その点においても生理中の施術は控えることが大切です。

近年では技術の大幅な進展により、生理中であっても特定の箇所ならば脱毛を行えるところも増えてきました。もちろん、通常の方法では行えず、刺激を弱くしたり、行える範囲が縮小したりと様々な制限はありますが、1回分を無駄にすることなく、また予定を大幅に狂わせることなく施術を行えるのは魅力的です。