二軒並んでいる飲食店のどちらに入ろうか迷ってじゃんけんで決めました

タイプの違う飲食店が二軒並んで建っている所があって、どちらの店に入ろうかそこに行くたびに悩みます。

右側の店に入ろうとすると左側の店に未練が残り、左側の店に入ろうとすると右側の店に未練が残ります。

今回はどちらにするか決めかねて、二人でじゃんけんをして決めることにしました。
結局左側の店に入ることにしましたが、お店の扉を開けるまで右側のお店に対する未練がありました。
Continue reading »

もしや乳腺炎?危険な予感

一生懸命授乳しているのに、どうしても左胸の張りとしこりが消えないです。
コツコツと吸わせているのですが、気づけば左胸は右胸の1.5倍に張って、赤く熱を持っています。

体もちょっとダルくて熱っぽい。

乳腺炎てなったことないですが、なったら嫌だなぁとヒヤヒヤ。

ネットで検索してみると、葛根湯が効くとか。
本当なんでしょうか!?
でも、救急箱にストックがある!!

Continue reading »

子供の1歳の誕生日に

今日は子供の1歳の誕生日。

初めての誕生日なので一升餅のイベントです。

一升ってだいたい2kgぐらい。

こんな重たいものを担いでたっちしてくれるのか心配でした。
いざ担がせてみるとやっぱりたっちは難しいみたいでやってくれませんでした。

でも担いだままハイハイは高速で進んでいたので案外重くないのかもしれない、と主人とびっくりしました。

Continue reading »

昨日まで食べていたのに

一歳を過ぎてほぼ何でも食べられるようになってきた下の子は最近食にうるさい。

こないだまで好んで食べていた物も突然今日は吐き出した。特に体調不良と言うわけではない。
この頃はこんな事ばかりで食事の時間が憂鬱である。
成長期真っ只中なので栄養がある物をと考える母親を
よそに、自分勝手で食べなさいと差し出しても首を横に振りイヤイヤと表現している。

Continue reading »

今日一日のの出来事。

今日はばあばと一緒に娘と買い物にいきました。

スーパーはすごく寒いのでおくるみをベビーカーにひっかけていくと娘はなんだかおくるみにくるまれてうれしそう。
キャッキャはしゃいでました。そうしたら、いろんなおばあちゃんが寄ってくる寄ってくる。

ちょっと離れたところにいるおばあちゃんがなんかしゃべってるな~と思ったら、娘と目が合っていたようです。
そうしていると今度はまた別のおばあちゃんが話かけてきます。パン屋さんでもレジのおばあちゃんがはなしかけています。
Continue reading »

女の子はだれよりも女だと思う

先日友達のおうちに遊びに行ったところ、
最後にあった時はまだ1歳半だった娘さんが3歳になり、すっかりまあおしゃまになっていた。

お母さん(友人)曰く、日々女の戦いだという。
一体何に?とおもったら、「この服の組み合わせはあわない」だの「髪型をこの子みたいにしてー」と、いっちょまえにネットで探したりするらしい。
誰に教わったわけでも無いのに、いつのまにやらそんな技を身につけているのである。
Continue reading »

ありがたこわい。なんて言えばよいかな

毎日娘をエルゴ抱っこでバスにのって託児所に連れて行っている。
通勤時の同じバスということもあるし、通勤時間帯ということもあるし、
バスの中でもバスを降りてからも娘と私を覚えていて、いつも会うひと、声をかけてくれる人、が増えてきた。
バスで席を譲ってくれたり、オフィスビルの中に託児所があるので、
そこのドアを開けてくれたり、エレベーターを待ってくれたり、助かることはとっても多いのだけど、
一人だけちょっと距離感がわからない人がいる。
Continue reading »

子育てあるあるの一つを経験しました

いつも通りの朝でした。

ベランダガーデニングをしているので、二階のベランダからお花に水をあげていました。
1歳の娘がくっついて来たので、まだヨチヨチ歩きなので外に出られないようにドアを閉めておきました。

その瞬間、後ろでカチっと音がしました。お?と思い振り返って見たら娘がドアに向かってつかまり立ちをしていました。
Continue reading »

子供のうまい寝かせ方

ここ最近、娘がなかなか寝付かず、翌日を回ってもらんらんで起きていることもしばしば。

これでは、いくら専業主婦だからって自分の身が持たないと、保育士の友達に相談してみたところ、
「みんなで寝る」ようにしてみたら?とアドバイスをもらって、早速実行してみました。

20時30分を回ったら、家族みんなで寝室へ移動し、電気も消して「寝るモード」に。

Continue reading »

普段は質素な生活ですから

私たち一家の住む東京に、大阪から私の両親が遊びにきました。娘に会いに来たのです。

私は高齢出産で生まれた一人っ子。25歳で結婚してすぐに妊娠したので、
孫の顔を見れるまで生きているとは思っていなかったと言われました。

子供の服を買ってやると言い、百貨店で高級ブランドのベビー服を買ってもらいました。

お金を渡しても、私たち夫婦は安い服しか買わないだろうと。

Continue reading »